Menu Close

GEO Global イベント情報

────────────────────────────────────
【GEO Globalの行事】2011年3月27日(日) 【三田/田町】 延期
GEO Japan 勉強会★ 日本の歴史・文化 再入門。 英語で表現できますか?
◆「日本はこれから ~戦後日本は、何を得て何を失ったのか?」
~日本を考えるWorld Cafe*Final Round!~
────────────────────────────────────

   

3月27日に予定しておりました本勉強会は、大地震の影響により延期させていただきます。
新たな日程につきましては、追ってご連絡いたします。 

■日時:2011年3月27日(日)13:30-16:45(開場13:10) → 延期

■会場:東京・港区 田町駅近辺(参加申込をされた方に詳細をご連絡いたします。)

■参加費:1,000円
■定員:50人
■使用言語:日本語


★参加申込フォーム

■テーマ:「日本はこれから ~戦後日本は、何を得て何を失ったのか?」

GEO Japanは、日本の歴史と文化を考え、その現場を歩き、伝統芸能・文化を堪能。
そして英語で発信する能力を磨くGEO Globalのプロジェクト。
これまでのGEO Japanのイベント

江戸時代から昭和までを3年がかりで扱ってきました。
2007年にスタートしたGEO Japanプロジェクトも、いよいよ今回が最終回です。

今回の勉強会では、まずはじめにこれまで扱った勉強会を総レビュー。
江戸時代、幕末・明治、太平洋戦争に至る歴史について、これまでの勉強会を振り返ります。

その上で、戦後(1945年~現在)の日本とこれからの日本に焦点を当てたディスカッ ション。
グループごとの対話を重ね、戦後の日本とはどのような時代だったのか、
これからの日本はどうあるべきかを考えてゆきましょう。

ディスカッションのテーマは、戦後の日本が「得たもの」と「失ったもの」、
そしてこれからの日本は「どうあるべきか」について。
特定のイデオロギーや一元化した歴史観の枠にはまることなく、自由に独創的に
語ってゆきたいと思います。

アイスブレーキングで参加者どうし打ち解けた後、最初にオーガナイザーが、
戦後日本のキーワードとそれを英語でどう表現するかをプレゼン。

その後、World Cafe形式で小グループごとの対話・ディスカッションを行って
ゆきます。
World Cafeは、カフェのような自由な雰囲気で、小グループでありながら、
多くの人とダイナミックに対話を重ねてゆく手法です。
参加者が4~5人の小グループに分かれ自由に対話し、各テーブル上の紙に
自由にメモや絵をなどを書いてゆきます。
メンバーを入れ替えながら、20分間程度の対話を4回程度行う予定。

最後にグループごとに発表を行い、全員で戦後の日本とこれからの日本の姿を
描き出してゆきましょう。

GEO Japanプロジェクト後の新シリーズの勉強会についても最後にご紹介します。

【勉強会の流れ】
・アイスブレーキング(参加者の自己紹介等)
・GEO Japanこれまでの勉強会リビュー
~江戸の文化とファーストフード、幕末・明治期、太平洋戦争へと至る道
オーガナイザーによるプレゼン(20分程度)
・戦後日本のキーワードとその英語表現
オーガナイザーによるプレゼン(20分程度)
・World Cafe「戦後の日本とこれからの日本」:
★テーマ:「戦後の日本が得たもの」と「戦後の日本が失ったもの」
「これからの日本はどうあるべきか」
World Cafe形式で参加者がグループごとに意見交換(20分x4回程度)
・全体で共有:グループごとに発表と全体でのディスカッション(30分程度)
・GEO Global新シリーズ勉強会の紹介

■ご準備いただくこと:
「戦後の日本が得たもの」、「戦後の日本が失ったもの」、「これからの日本は
どうあるべきか」を事前に少し考えてみてください。
戦後の一時代を象徴するようなキーワードもぜひお考えください。
形あるものでもそうでないものでも、また卑近なもの、壮大なものなど何でも
結構です。
(ここでの「戦後」は1945年から現在までを指しています。)

■参考資料:
必ずしも目を通す必要はありませんが、下記の東郷和彦さんの連載は、
考える上での素材となるかと思います。
また、下記の岩波新書『シリーズ日本近現代史』の第8巻、第9巻も
気軽に手にできる書として、この時代を考える上で示唆に富みます。

●ウェブ連載
東郷 和彦: 戦後日本が失ったもの:新しいアイデンティティを求めて

上記の連載は、角川から新書として単行本化もされています。
●東郷 和彦『戦後日本が失ったもの 風景・人間・国家 』(角川oneテーマ21)
( Amazonへのリンク)

【参考書】
●武田 晴人『高度成長 ―シリーズ日本近現代史〈8〉』 (岩波新書)
( Amazonへのリンク )

●吉見 俊哉『ポスト戦後社会―シリーズ日本近現代史〈9〉』(岩波新書)
( Amazonへのリンク )

■【注意】
・20代・30代を中心とした勉強会です。
・勉強会は日本語で行いますので、英語力は問いません。
・参加希望者多数の場合には、過去のGEO Japanイベントの参加者を優先させて
いただきます。
・事前の参加申込み多数、会の趣旨に合わないバックグラウンドの方などの
理由で御参加を受け付けられないこともあります。

───────────────────────────────────
■主催:GEO Global(ジオ・グローバル)http://geo-g.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

────────────────────────────────────
【GEO Globalの行事】2010年10月23日(土) 【三田/田町】
GEO Japan 勉強会★ 日本の歴史・文化 再入門。 英語で表現できますか?
◆「あの日本の戦争とは何だったのか?」
~太平洋戦争とそこへ至る道を考えるWorld Cafe~
────────────────────────────────────

■日時:2010年10月23日(土)18:00-21:15(開場17:40)
終了後、希望者にて懇親会

■会場:東京・港区 田町駅近辺(参加申込をされた方に詳細をご連絡いたします。)

■参加費:1,000円
■定員:60人
■使用言語:日本語

★参加申込フォーム 終了

■テーマ:「あの日本の戦争とは何だったのか?」

GEO Japanは、日本の歴史と文化を考え、その現場を歩き、伝統芸能・文化を堪能。
そして英語で発信する能力を磨くGEO Globalのプロジェクト。 江戸時代から昭和までを3年がかりで扱っています。
これまでのGEO Japanのイベント

2007年にスタートしたGEO Japanプロジェクトも、いよいよ今年度が最終年。
江戸時代から明治・大正期に至ったプロジェクトも、昭和についてのあと2回のイベントを残すのみとなりました。

今回の勉強会では、太平洋戦争について参加者で自由にディスカッション。
グループごとの対話を重ね、全体で太平洋戦争とは何だったのか、それはどのような時代だったのかを浮き彫りにしてゆきましょう。
特定のイデオロギーや一元化した歴史観の枠にはまることなく、語ってゆきたいと思います。

アイスブレーキングで参加者どうし打ち解けた後、最初にオーガナイザーが、太平洋戦争とそこにいたる道のりについての流れとそれをどう英語で表現するかをプレゼン。

その後、World Cafe形式で小グループごとの対話・ディスカッションを行ってゆきます。
World Cafeは、カフェのような自由な雰囲気で、小グループでありながら、多くの人とダイナミックに対話を重ねてゆく手法です。
参加者が4~5人の小グループに分かれ自由に対話し、各テーブル上の紙に自由にメモや絵をなどを書いてゆきます。
メンバーを入れ替えながら、25分間程度の対話を3回行う予定。

最後にグループごとに発表を行い、全員で「太平洋戦争」とは何であったのか、それはどのような時代であったのか描き出してゆきましょう。

【勉強会の流れ】
・アイスブレーキング(参加者の自己紹介等)
・昭和の戦争・太平洋戦争への流れとその英語表現:
オーガナイザーによるプレゼン(30分程度)
・「太平洋戦争とは何だったのか?」:
World Cafe形式で参加者がグループごとに意見交換(25分x3回程度)
・全体で共有:グループごとに発表と全体でのディスカッション(45分程度)

■ご準備いただくこと
できるかぎり下記のいずれかの参考書に事前に目を通した上でお越しください。
このテーマに関するその他の書籍・資料などをお目通しいただく、ご持参いただくのも歓迎です。

【参考書】:
●保阪正康『あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書』 (新潮新書)
太平洋戦争とは何だったのか、左右の立場を越え、日常の次元に
視点をおろして下して語った手軽な新書。
「あの三年八カ月は、当時の段階での文明論、あるいは歴史認識、
戦争に対する考え方など、日本人の国民的性格が全て凝縮している、
最良の教科書だ。太平洋戦争を通じて、無限の教えを見出すことが
できるはずである。」(前書き「はじめに」より引用)
( Amazonへのリンク: )

●加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)
戦争から見る日本の近代史を語った書。
昨年発行されてベストセラーとなった加藤陽子さんの著書。
高校生に向けた講義がベースとなった語り口調ですので、非常に
読みやすいながらも、示唆に富んだ本です。
( Amazonへのリンク: )

●加藤陽子『戦争の日本近現代史 ~東大式レッスン!征韓論から 太平洋戦争まで』
(講談社現代新書)も新書版の手軽な入門書としてお勧めです。
( Amazonへのリンク: )

■【注意】
・20代・30代を中心とした勉強会です。
・勉強会は日本語で行いますので、英語力は問いません。
・参加希望者多数の場合には、過去のGEO Japanイベントの参加者を優先させて
いただきます。
・事前の参加申込み多数、会の趣旨に合わないバックグラウンドの方などの
理由で御参加を受け付けられないこともあります。

───────────────────────────────────
■主催:GEO Global(ジオ・グローバル)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


────────────────────────────────────
GEO Globalの行事: 2010年7月23日(金)7:30pm- 【日本橋】
◆Vital Japan & GEO Global: Networking Party – Summer 2010
~300人以上の多彩なプロフェッショナルが集う恒例の交流パーティー~
────────────────────────────────────

   

◆Time: 2010年7月23日(金) 7:30pm – 9:30pm (7:10pm 開場)

◆Place: espressamente illy 日本橋中央通り店
(エスプレッサメンテ イリー)

◆Address: 東京都中央区日本橋2-5-13
2-5-13 Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo

◆Access: 地下鉄銀座線・東西線 日本橋駅 B4出口 徒歩1分
JR 東京駅 八重洲北口 徒歩5分

◆地図とアクセス方法

◆費用: 4,000円/person(drink & food 込) 立食形式&飲み放題
* 当日、会場にてお支払いをお願い致します。

◆参加申込フォーム

◆定員:350人

毎年恒例の大交流パーティー「Vital Japan & GEO Global: Networking Party」 がいよいよ7月23日(金)夜、開催の運びとなりました。
今回は定員をさらに拡大し350人といたします。

毎月の勉強会に参加されている方はもちろん、初めての方も歓迎です。
歓談が中心ですので、ぜひこの機会に多くの人と出会い、友人・仲間をつくり、ネットワークを広げましょう。
初めての人どうしでも話やすいようなアイスブレーキングにもご期待ください。参加ご希望の方は、上記の参加申込フォームからお申し込みお願いします。

夏のパーティーは、もともとGEO Global(ジオ・グローバル)の創立記念パーティー としてスタートしました。1995年に設立したGEO Globalは、今年でなんと15周年。
そのサブグループとして2002年に旗揚げしたVital Japanの参加者も拡大を続け、 いまでは、両方で3000人を超えるメンバーとなっています。

この7月23日のNetwokworking Partyでも、300人以上の多彩な参加者が集う見込み。
ぜひこの機会に様々な業界のプロフェッショナルと交流を深めましょう。

【注意】
* 会場内はすべて禁煙です。
* ご友人をお連れ頂く場合には、参加者それぞれのご氏名で参加申込フォーム
を参加人数分ご送信ください。
* 事前の参加申込み多数、会の趣旨に合わないバックグラウンドの方などの
理由で御参加を受け付けられないこともあります。
* 商品・サービスの営業や宗教の勧誘など他の参加者の迷惑となる行為を禁止
します。

———————————————————————
★お問合せフォーム

===【GEO Network】===

■GEO Global: http://geo-g.com
1995年以来活動を続ける国際情勢勉強会
■Vital Japan: http://vitaljapan.com
Bilingual Professionals Network
———————————————————————

────────────────────────────────────
GEO Globalの行事: 2010年5月9日(日) 【本郷界隈】
◆GEO Japan「江戸・明治から昭和に続く道 ~本郷・谷根千ウォーク」
■グローバルに考える日本の歴史■
────────────────────────────────────

■日時:2010年5月9日(日)13:00-17:00頃
終了後、希望者で打ち上げの予定

■場所:千駄木~根津~本郷~春日・水道橋 の予定
(千代田線 千駄木駅 集合の見込み)

2007年にスタートし、3年がかりで江戸から昭和までの日本の歴史・文化を捉えなおす【GEO Japan★日本再発見!】http://geojapan.wetpaint.com/
が、いよいよ今年フィナーレを迎えます。
風薫る5月に、一緒に散策しませんか?

今回のイベントでは、主に明治から大正にかけてにフォーカスします。
風情あふれる根津・千駄木の歴史的な建造物や町並みを眺め、文豪の散策路を歩きます。
司馬遼太郎の『街道を行く』でも知られる「本郷界隈」もじっくりと探索。
英語でどう表現するかも意識しながら歴史を考えます。

最終的なルートは、参加者予定の皆さんからのご意見を取り入れて決定予定です。
ぜひ皆で作るイベントとしましょう!

参加ご希望の方は、下記の参加申込フォームをご送信ください。
ご希望やご推薦の名所・お店、ご自身の体験などありましたら、ぜひコメント欄にお書きください。

★参加申込フォーム

■定員:30名程度

■参加費:無料(入場料・打上げ等の実費は各自負担)

■見所(予定):
根津神社(つつじ)、旧岩崎邸庭園、
夏目漱石・森鴎外・樋口一葉 旧居跡、竹久夢二美術館
文豪の散歩道、三四郎池(東大)など

■注意:
・定員が限定されているため、ご参加いただけない場合ありますことご了承ください。
・歩行距離は6~8km程度です。歩きやすい服装・靴でお越しください!
・雨天の場合は、雨に濡れにくい場所を中心としたコースに変更して開催予定です。

————————————————————-
GEO Global(ジオ・グローバル)
お問合せフォーム
————————————————————-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆GEO Global & Vital Japan: Hanami Party – お花見Party
2010年4月3日(土)1:00pm @ 多摩川 (下丸子)
~今年は、多摩川で100人以上の盛大な花見!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ桜の季節がやってきました。恒例のお花見パーティーの開催です。

広いスペースを確保できるよう、昨年から場所を多摩川に移して開催。
1995年のGEO Global(ジオ・グローバル-国際情勢勉強会)設立以来、続いている
お花見です。2002年のVital Japan設立以降、合同で行っています。

今年は100人以上の参加者が見込まれます。 ワインや麦の酒、ソフトドリンクなどを楽しみながら、
多彩なバックグラウンドのメンバーで桜に包まれながら交流しましょう。

準備の都合上、参加を希望される方は下記のフォームよりご送信ください。
詳細や変更等は参加申込フォームをご送信くださった方にお知らせいたします。

◆日時:2010年4月3日(土) 1:00pm~
※雨天の場合は、翌日の日曜日に順延

◆場所:多摩川土手・ 東急多摩川線「下丸子駅」より
(詳細は参加申込をされた方にご連絡いたします。)
GEOGlobalのメルマガでも詳細をご案内しています。

◆会費:2,000~3,000円程度
(飲み物、食べ物は準備いたします。)

★参加申込フォーム: 参加ご希望の方は左のフォームよりサインアップをお願い致します。

* 雨天等で中止・順延の場合は、twitter(vitaljapan)にてお知らせします。

* 当日予め混雑が予想される際には、日程・場所を変更させて頂く場合や、 お申込みをお断りすることがござます。
* 商品・サ-ビスの販売活動や宗教等の勧誘など、他の参加者の迷惑となる 行為を禁止します。

———————————————————-
*Vital Japan: http://vitaljapan.com
Bilingual Professionals Network
*GEO Global: http://geo-g.com
International Affairs Study Group
———————————————————